Tシャツの素材と特徴

黒いTシャツの男性

夏になると街はTシャツを着用している人で溢れかえります。見た目も涼し気で、ラクに着られるためTシャツは暑い季節には特に重宝しますよね。ただ形やデザインにはこだわっても、Tシャツの素材にまでこだわっている人はまだまだ少ないのではないでしょうか。とくに汗をかきやすい夏場は、素材によっては快適にも不快にもなります。ですから暑い夏こそ快適に過ごせるように、できることなら素材にもこだわりたいものです。
ではTシャツの素材にはどのような種類があるのでしょう。一般的な素材には綿や麻、ポリエステルにレーヨン、シルクといった種類があって、それぞれに利点もあれば欠点もあります。
まず綿や麻は水分の吸収力も優れていて肌触りも良いのが特徴です。ただし綿に限っては、汗をかきすぎるとべたつくことがあります。ですから汗をかきやすい人は綿は避けた方が良いかもしれません。さらにポリエステルですがこちらは汗をかいても乾きが早く、夏には最適なので、汗をかきやすい人はポリエステルが適しています。次にシルクは非常に滑らかで肌触りが良いのですが、汗染みが目立ちやすいのが難点です。
最後にレーヨンですが、これは水分によって縮む性質があるので夏には不向きです。

イチオシ情報